赤ちゃん海外の持ち物

 子連れの旅行となると荷物は何かと多くなりがち。国内なら普段目にするものや慣れているものを現地調達できるので安心して使えますが、海外のものは知らないものだらけ。赤ちゃんがデイリーに使う物はちょっとぐらいかさばっても面倒だと思わず、持って行きましょう。

着替え

 滞在日数より少し多めに持って行きましょう。滞在が長期にわたる場合は洗濯して着回すと荷物になりません。

抱っこひも

 赤ちゃんの眠りにも影響しますので普段から使い慣れているものを持って行きましょう。

バスタオル

 外出先で寝かせたり、オムツ替えをしたり、ちょっと寒いときに羽織ったりするのに大変便利です。

紙おむつ

 現地調達は可能ですが、サイズ表記が異なったり素材の違いでオムツかぶれになる赤ちゃんもいます。また、パンツタイプのオムツはあまりみかけないようです。使い慣れたものを多めに持って行きましょう。買っても使い切れず余計な荷物になってしまいます。

水筒

 小さめの保温・保冷タイプのものがあると便利です。ミルク用のお湯や麦茶などの持ち運びに。

赤ちゃん用の水

 ペットボトルで数本持って行くと安心です。ミルクや麦茶を割るのに便利。現地のミネラルウォーターでも可能ですがその場合軟水のものを買いましょう。

ミルク・麦茶

 スティックタイプのものが良いでしょう。お湯で粉末を溶かして水で割れば簡単にすぐ水分補給ができます。

哺乳瓶・マグ

 これも使い慣れてものが良いでしょう。乳首の形が変わると受け付けない赤ちゃんもいますので。

離乳食

 あけてそのまま食べられるレトルトパウチが便利です。旅行前に一度味見をさせて、好んで食べるものを全食分持って行きましょう。使い慣れたスプーンを持参すると良いでしょう。

ケア用品

 おしりふき、体温計、麺棒、爪切り、日焼け止めなど一式持って行くと良いでしょう。

 軟膏やローション、虫よけ、虫刺されの薬など使ったことのあるものを持って行きましょう。渡航前にかかりつけの小児科で相談し、薬を余分にもらっておくと安心です。

 ベビーカーは持て行った方が良い国と持って行くべきでない国があります。滞在する国の気候や習慣に合わせて持ち物も多少変わって来るので事前の下調べは欠かさずしましょう。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン