パスポート

赤ちゃんはパスポートが作れるの?

 以前は乳幼児の場合、親のパスポートに併記することが認められていましたが、現在は生まれてすぐのあかちゃんでも1人1冊パスポートが必要になりました。申請に必要な書類や手続きはたいてい大人の場合と一緒ですが、いくつか異なる点があります。

有効期限

パスポートの有効期限は5年間と10年間の2種類があります。成人はどちらか希望のものを選べますが、20歳未満は容姿の変化が著しくパスポートの写真に影響が出てくるため、取得できるのは5年間ものと決められています。

身分証明

 申請時には必ず2種類の身分証明書の提示が必要です。子どもの場合、健康保険証・・・しかない!と思うかもしれませんが、母子手帳または医療証を一緒に持って行けば大丈夫です。一緒に申請に行く親の身分証明書も忘れずに。

手数料

 有効期限5年のパスポートは12歳未満で、6,000円になります。(都道府県収入証紙2,000円+収入印紙4,000円)

本人の署名欄

 パスポートには必ず本人の署名が記載されます。では字を書けない赤ちゃんはどうする?と言うと、親が代わりにサインすることになります。申請者署名の下に記入者の氏名と申請者との関係を記入します。ただし、代理署名をした人が一緒に旅行へ行かなければばらない、という義務はありません。

受領の際の注意

パスポートの受け取りには必ず本人が行かなければなりません。例え赤ちゃんでも同じなので、必ず赤ちゃんを連れて受け取りに行きましょう。

 国によってはビザが必要な場合もあります。旅行へ行く国について調べておきましょう。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン