ベビースイートのある宿

 ホテルのスイートルーム・・・誰もが憧れますよね。赤ちゃんだって贅沢させてあげたい!旅行中も快適に過ごさせてあげたい!そんなママたちの「こうだったら良いな」という意見を集め、実現させた赤ちゃん向けの客室こそ「ベビーズスイート」。

 2006年に日本初のベビースイートが「オリエンタルホテル東京ベイ」(千葉県浦安市)に誕生しました。ホテル11階のフロア全てがベビーズスイート。チェックイン、アウトはカウンターではなく、「ママサロン」という託児施設完備(予約制)のゆったりとしたラウンジで手続きします。

 部屋は清潔感のあるコルク材でできており、赤ちゃんがハイハイしても大丈夫。また、大きな窓から光が差し込むように工夫し、従来のホテルより明るい照明を採用しています。親子で寝られる大きなベッドは、赤ちゃんが万が一落ちても大丈夫なローベッドです。空気清浄機付き加湿器や電子レンジが完備されていて、子ども用パジャマやオムツ用ごみ箱まであり、至れり尽くせり。さらにバスタイムにも工夫が。

 鮮やかなイエローのバスタブは中に段差がついていて、赤ちゃんが座ることもできます。肌に優しい天然素材のバスアメニティが置かれたゆったりした洗い場もついています。ディズニーリゾートまでバスで15分、という好立地も魅力的なホテルです。

他にも

リゾナーレ熱海」(静岡県熱海市)

「リゾナーレ八ヶ岳」(山梨県北杜市)

「裏磐梯猫魔ホテル」(福島県耶麻郡)

にもベビースイートがあります。

 我が家にいるように快適に過ごせて、でも高級感あふれる客室に赤ちゃんと一度は泊まってみたいものです。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン