温泉 大丈夫?

 旅行でアクティブに動いた心と身体を癒してくれる温泉。旅行に行ったら欠かせないですよね。プール同様、赤ちゃんと一緒に入れる温泉はあります。でもやっぱり、いろいろなことが心配。赤ちゃんの温泉デビューを計画中なら必読です。

温泉に入れる月齢

 これもまた、プール同様、「○歳以下は入浴禁止」など制限がある場合を除いて、パパ・ママの自己判断にゆだねられるケースが多いです。温泉でもずっと抱っこしっぱなしだと逆にパパ・ママが疲れてしまいます。ある程度お座りができるようになってからが良いでしょう。まだ小さいのに大浴場だと不安だという方は、ベビーバスを用意してくれたり、貸切風呂がある温泉を選びましょう。また、赤ちゃんのデリケートな肌に合う刺激の少ない泉質をあらかじめ調べておくと良いです。また、温度も肝心です。「源泉掛け流し」の温泉は特に、季節によって湯の温度が変化します。事前に問い合わせておきましょう。

温泉でのマナー・注意点

・昼寝、排泄のタイミングを把握しておく

なかなか難しいことですが、赤ちゃんが眠たいときや、うんちが出そうなときにお風呂に入るのは赤ちゃんの機嫌も悪く、周囲にも迷惑です。生活リズムを把握して、ベストなタイミングで入浴しましょう。

・入浴前にシャワーでしっかりと洗う

 大人も基本ですが、赤ちゃんはオムツをしている分、お尻を特にしっかりと洗ってから入浴しましょう。

・長風呂は厳禁

 赤ちゃんはすぐにのぼせてしまいます。大人がぬるめのお湯だな、と感じても短時間で出るようにしましょう。

・湯上がり後は必ず水分補給

 赤ちゃんの飲み物を着替えと一緒に持ち込みましょう。

・抱っこでの移動注意

 浴室は滑りやすく、特に温泉は足元がぬるぬるしているところが多いので要注意です。

赤ちゃんに優しい温泉を探して、家族でリラックスしたひとときを過ごせると良いですね。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン