プールどう?入れる?

 前でも少し、赤ちゃんが入れるプールについて書きましたが、結論からすると、赤ちゃんとプール・・・入れます!しかし、プールはたくさんの人が利用する公共の場。お家のビニールプールや水遊びとは違います。マナーはしっかり守らなければなりません。また、入水可能な月齢がきちんと決まっているわけではないプールもたくさんあります。あとはパパ・ママの自己判断です。赤ちゃんと一緒にプールで楽しむために押さえておくポイントを紹介しましょう。

プールに入れる月齢

 赤ちゃんの肌は大人より弱く、夏の直射日光を浴びるのは肌に負担がかかります。また、プールは大勢の人が利用するので、多少なりとも水が汚れていると考えなくてはなりません。赤ちゃんが入れるプールはたいてい「オムツの取れていない子の水遊び用オムツ(またはオムツ水着)着用」が義務付けられているので、前述のことも考慮して、最低でもパンツ型のオムツが履ける6か月以降が良いでしょう。ベビー用の日焼け止めを塗るのを忘れずに。

プールでの注意点

・どこのプールでも入れる、というわけではない

 近年、水遊び用オムツが普及されるようになってからは、「水遊び用のオムツ+水着着用が義務で、特定のプールのみ利用可」というプールが増えてきていますが、「オムツを取れていない赤ちゃんは、利用不可」というプールはもちろんあります。プールへ行く前に問い合わせてみましょう。

・許可されていないプールに赤ちゃんを入れない

 いくら水遊び用のオムツを着用したからといって、おしっこを水の中でしているようなものだと感じる人も少なくありません。許可されていて小さな子どもだらけのプールなら、問題なく楽しめるでしょう。何より、周りの理解が大切です。

・短時間で切り上げて

 直射日光が当たる屋外はもちろんですが、屋内のプールでも入水は短時間にして下さい。大人でも、プールや海に入ったあとはドッと疲れるのですから、赤ちゃんはその何倍も体力を消耗します。初めてのプールなら1時間で十分です。

各施設のルールを守り、赤ちゃんの体調管理や体温調節をしっかりしてプールを楽しみましょう。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン