大切なスケジュール

先ほども「赤ちゃん中心の旅行計画を立てることが大事」と書きました。あれもこれも、と詰め込みすぎると赤ちゃんに負担がかかります。
赤ちゃんは、ぐずったり、うんちをしたり、おもらしをして着替えたり…足止めをくらうこともたくさんあります。
余裕のあるスケジュールを立てていれば、多少のロスも気になりません。スケジュールを立てる際に考慮すべきポイントを紹介します。

 

車での移動の場合、1~2時間毎に休憩をとる。

赤ちゃんは揺れが気持ち良いのか、比較的車の中では大人しいことが多いです。だからといってずっと乗りっぱなしにさせるのは赤ちゃんにとってストレスです。こまめにチャイルドシートから解放させて、外の空気を吸わせてあげましょう。そのため、車での予想移動時間は長めにとっておきましょう。

電車や飛行機での移動の場合は、混まない日にち、空き席の多い便を選ぶ。

電車や飛行機は他人と密着する場所です。ただでさえ、ぐずって泣いてしまったりオムツ替えやおっぱいをあげる場所があるかどうかも不安なのに、混雑している日を選んでしまうと移動だけでドッと疲れてしまいます。お盆休みやお正月シーズンもできれば日にちをずらしてなるべく空いている日を選びましょう。

連泊の宿泊先は同じ場所が良い

何泊かする場合は、宿泊先を変えないほうが良いでしょう。色々な旅館やホテルに泊まりたい気持ちは分かりますが、知らない土地を転々とすると赤ちゃんの疲れの元となります。赤ちゃん歓迎の宿などをみつけて、安らげる場所を作ってあげて下さい。
赤ちゃんとせっかくの旅行を楽しみたいなら、無理のないゆったりとしたスケジュールを組みましょう。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン