子連れ海外旅行のメリット

小さな子供を海外旅行へ連れていく事、これについては意見が分かれるかもしれませんが、いろいろなメリットがあります。どのようなメリットがあるのでしょうか?

飛行機代金
まず、別項でも触れましたが、国内線の航空運賃は3歳の誕生日を迎えるまで(席を利用しない場合)は完全に無料です、しかし国際線では2歳の誕生日を迎えてしまうと大人の正規代金の75%程が必要となってきてしまいます。もちろん2歳になる前も国際線の場合は無料ではなく、大人の正規代金の10%程が必要となりますが、それでも75%に比べればうんとお得ですね。ですから多くの家族が『子供が2歳になる前に・・・』と海外旅行の計画をたてるのですね。

飛行機内での過ごしやすさ
小さな赤ちゃんの場合、飛行機内でよく寝てくれるケースが多いです。3歳や4歳など、ある程度大きくなってくると、席にじっと座っているのが難しくなってきますが、小さな赤ちゃんであればお腹がいっぱいになると寝てくれる事が多いので、海外旅行に連れていきやすいとも言えます。たくさんの方の体験談を読みましたが、ほとんどの方が月齢が小さければ小さい程機内での時間は楽だったと答えています。ただ、月齢の小さい赤ちゃんの場合は、意味もなく泣いてしまう場合が多いので、あやしても泣きやまず・・・という場合がある事を頭の片隅に置いておいてくださいね。

子供の旅育
食べ物を通じて子供を豊かな人間に成長させる・・・『食育』という言葉があるように、今は旅を通じて子供を豊かな人間に育てようという『旅育』という言葉もあります。旅が人に与える影響は様々です。例え月齢が小さく、将来記憶に残らないくらいの赤ちゃんでも、その時その時に目を通して見るもの、肌で感じるもの、耳から聞くものはその時の赤ちゃんの成長に影響するといえます。日本だけではなく、別の世界を肌で感じさせるという事も、旅育の1つになると私は思います。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン