海外旅行でベビーシッター

小さな子連れでの海外旅行、もちろん子供にいろいろな景色や空気を五感で感じて欲しいという希望もあるとは思いますが、たまには夫婦でゆっくり食事を楽しみたい・・・大人向けのアクティビティを楽しみたい・・・という気持ちもありますよね?そんな時、海外ではごくごく日常的に使われているベビーシッターを利用してはどうでしょうか?

海外でのベビーシッター
まず、日本では馴染みの少ないベビーシッターですが、海外では日常的に使われています。旅行をする時や長時間家をあける時だけでなく、ちょっとした買い物でもベビーシッターを利用したりするようです。例えばアメリカでの法律は、州によって年齢は異なりますが、8歳や小学生の子供を家の中に1人にして出かけたり、買い物でもたった数分車中に残しただけでも逮捕されてしまったりします。子供を守る法律が日本より手厚いと言えるでしょう。ですからベビーシッターが一般的に使用されているわけです。

海外旅行中のベビーシッター利用
日本人観光客がベビーシッターを利用する確率は、欧米人などに比べるととても低いそうですが、もちろん日本発のツアーにもベビーシッターが含まれたプランもあります。やはり急にホテルに依頼しても対応しきれない場合がありますら、出発前に予約しておくのが確実です。しかしやはり『日本人以外に子供を預けるのは不安・・・』という方もみえると思います。文化や言葉も違いますからね。しかし日本人観光客の多い国であれば、邦人のベビーシッターサービスがあったり、ホテルのベビーシッターでも日本人のスタッフが対応してくれる場合も増えてきているようです。

旅行で癒される
個人的意見ですが、邦人のスタッフが対応してくれる・・・これを聞いて私はだいぶ安心できましたね。やはり言葉がわかるくらいの子供になりますと、言葉が通じないベビーシッターに預けるという事に対し、罪悪感が出てきてしまいますからね。もちろん邦人ではないベビーシッターでも、しっかりお世話はしてくれると思いますし、皆さんも海外旅行へ行く際には、少しだけベビーシッターを利用して、日頃の疲れを癒す時間を持つというのも良いのではないでしょうか?

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン