1~2歳の幼児と海外

離乳食も進み、よちよち歩きだしていろいろなところへ連れていってあげたくなる1歳頃・・・そして徐々にお喋りをしだして、周りの色々なものに自分なりの感覚で反応しだす2歳。まさに親としては旅行に連れていっていろいろな経験をさせてあげたいなと思う時期でもあります。ただ、第一次反抗期と言われているくらいの時期ですから、これくらいの子供を連れての海外旅行って大丈夫かな?とも思いますね。

2歳まではお得!
海外旅行へ行くのにまず覚えておいて欲しい事があります。旅費について、2歳がボーダーラインという事です。飛行機の料金ですが、国内線では3歳から座席が必要となっています、しかし国際線は2歳から必要になりますから、2歳を境に金額が大きく変わってきます。それに宿泊する場合でも海外では2歳を過ぎると金額がアップする場合が多いようです。ですからある意味2歳の誕生日を迎えるまでがリーズナブルに海外旅行へ行けるチャンスなのかもしれません。

怪我や病気が多い年頃
1歳~2歳は、本能の赴くままに動いている事もあって、怪我や誤飲などが多い時期でもあります。ですから海外旅行へ行く際も、しっかりと周辺の病院のチェック、小児科の有無、医療体制などを調べておく必要があります。もちろんこれはこの月齢だけに限ったことではないですね。

食べ物
そして1歳~2歳といえば、食べ物も難しい時期です。1歳といえばまだ離乳食完了期辺りで、全て大人と同じものが食べられるわけではありません。それにまだ食べさせないようにしたい食材も多くあります。2歳でもそれは同じです。内臓系もまだまだ弱いですから、海外での食べ物には細心の注意をはらいたいところです。持っていけるものならば、持参していくのも良いと思います。

羽田なら子連れでも楽々

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン