赤ちゃん連れの注意点

 赤ちゃんとの旅行が決まれば、とてもとても楽しみで当日が待ち遠しい事でしょう。しかし楽しみな気持ちと共に、『何かあったらどうしよう・・・?』などの不安な気持ちも湧いてくると思います。そこで、赤ちゃん連れの旅行ではどのような事に注意したら良いのでしょうか?

目的地付近の病院を確認しておく
 まず1番大切なのは旅先の病院チェックです。これは確実に事前に調べておきましょう。宿や目的地の近くで、なおかつ救急でも診てもらえる病院、クリニックの場所、連絡先を調べておくのです。赤ちゃんや子供は旅先で体調を崩しがちです。いざ何かあった時に慌てなくても良いように、しっかり下調べしておきましょう。

落ちる心配がない和室がベター
 次に寝るときの話ですが、赤ちゃん連れの場合、できれば和室が一番良いのですが、どうしても洋室になってしまう場合、ベビーベッドの有無やベッドガードの有無はしっかり調べておきましょう。(生後1ヶ月の赤ちゃんでも足の力でズリズリと移動します)また、ベビーベッドやベッドガードなどは先着順、予約制などの場合があるので、旅行が決まったらすぐに宿へ連絡して予約できるならばしておくのがベストです。ベビーベッドやベッドガードがない場合は、ベッドを壁にくっつけられるかどうかも重要ポイントとなります。

保温・保冷グッズを忘れずに
 そして小さな赤ちゃんの場合は自力で体温を調節する事ができないので、保温、保冷グッズがあると良いでしょう。ただし、夏でも建物内の場合、エアコンがとても効いている場合が多いので、寒さ対策のブランケットなどは必需品です。

おむつ替え施設やベビールームの確認
 そして、公共交通機関を利用しての旅行の場合、ベビールームやオムツ替えのできる施設のチェックをあらかじめしておくと良いでしょう。

ゆったりとした余裕のあるスケジュール
 最後に、赤ちゃんや子供は旅行先に行くと環境の違いからかいつもより興奮し、夜中に泣いたりなかなか寝付けなかったりする事が多いです。さらに疲れから熱を出してしまったりする場合も。旅行へ行くというのは誰しも楽しいものです、だからといって大人のペースではしゃぎすぎず、ゆったりとした日程を心がける事が大切です。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン