電車の子供料金

子供連れの旅行の場合、車での移動が何かと便利かもしれませんが、電車好きの子供は少なくありません。電車に乗りたい、電車が大好き!な子供は、車ではなく電車での旅行の方が楽しめるのではないでしょうか。それに車での移動の場合は運転手のお父さん、又はお母さんとはなかなか楽しくお喋りする事は難しいです。でも電車旅行なら、家族全員で楽しい時間を同じように共有できるのです。では電車の子供料金とはどのようになっているのでしょうか?

 電車というとJRと私鉄があると思いますが、私鉄の料金設定はほぼJRに準じているようなので、JRの料金を調べてみました。まず区分です。

料金区分

おとな(12歳以上)
こども(6歳~12歳未満)
幼児(1歳~6歳未満)
乳児(1歳未満)

となっています。ちなみに『こども』は就学前の子があてはまります。ですから6歳でも就学前であれば『幼児』となります。

乳児と幼児は基本的に無料

そして料金についてですが、乳児と幼児については基本的には無料です。しかし、ほとんどないとは思うのですが、『幼児』が1人で電車に乗る場合は『こども』の料金となるようです。(5歳くらいになると1人でおじいちゃん、おばあちゃんちに行ったりする子もいるかな?)さらに、『大人』か『こども』1人に対して乳児又は幼児が2人以上一緒に乗る場合は、3人目から『こども』の切符が必要となります。その『こども』の料金ですが、指定席券、乗車券、特急券、急行券は『おとな』の半額となります。ただし、寝台券、ライナー券、グリーン券は『おとな』と同じ料金となります。

こうやって見てみると、電車の子供料金ってちょっとややこしいですね。とりあえず小学校へ入るまでは基本的には無料(人数によっては有料)ということがわかってちょっとスッキリしました。就学前の子供を2人以上連れていたり。小学生以上の子供を連れている場合は、鉄道会社、駅員さんへ直接確認すると確かですね。

  

子連れ旅行 ノウハウ

ファミコン